債務整理を家族に秘密にしておくべきか

債務整理を家族に秘密にしておくべきか

債務整理を家族に秘密にしておくべきか

秘密を守るための方法

 

債務整理を弁護士に依頼すると、債務関係の連絡はすべて弁護士を通じて行われます。自己破産や個人再生では裁判所からの通知が来ますが、それ以外はすべて弁護士に連絡をとることになるでしょう。

 

弁護士の側もプライバシーに配慮をしており守秘義務もありますから、事前に打ち合わせをして連絡についても家族に知られないような方法で行うことになります。

 

電話連絡は携帯電話を使い、書面の送付は局留めにすることを徹底すれば、外部からの連絡で家族に債務整理をしていることが知られることはありません。手続き自体がスムーズに進んでいれば、弁護士からの連絡は数回程度でしょう。

 

できれば家族に説明して協力をしてもらうべき

 

ただし、自己破産や個人再生では手続きに家族の協力が必要になります。

 

任意整理においても、金利はカットされますが、その後も約束通りに返済を続けていかなければなりません。

 

きちんと返済できなければ、次こそは裁判沙汰になってしまうでしょう。

 

債務整理を進めるには、やはり家族の協力があるに越したことはありません。

 

自己破産の免責審尋でも、家族の協力のもと生活を建てなおすと誓うことで免責を認められやすくなります。

 

金銭的にも精神的にも家族のサポートは心強いものです。できることなら債務整理について説明して、家族の協力を仰いだほうがよいでしょう。

任意整理を家族に知られてしまう原因

任意整理でも家族に知られてしまうケース

 

任意整理では、連絡方法などに気を配れば家族に知られてしまうことはまずありません。内緒にしたままの手続きが可能です。しかし、特別なケースでは家族に知られてしまうことがあります。

 

それは債権者が訴訟を起こしてきた場合です。弁護士に任意整理を依頼すると、貸金業者などは取り立てや督促はできなくなりますが、訴訟を起こすことは禁じられません。

 

あくまで利息も含めた全額返金を求めてくる業者の中には、訴訟という強硬手段に出るものもいるのです。裁判所に訴えが提起されると、こちらには特別送達が送られてくることになります。

 

これを家族に見られることで任意整理をしていることや借金の存在がバレてしまうのです。

 

早期の和解を目指す

 

業者が訴訟を起こすのはこちらが任意整理を進めたからです。交渉が長引いたり、後回しにされているうちに訴状が送付されるというケースがほとんどです。

 

そこで訴えられるのを防ぐためには早期に和解をはかるしかありません。ある程度の譲歩はしても、訴えられる前に交渉を決着させるのです。

 

訴訟という手段に出るかどうかは業者の方針によります。経験豊富な弁護士ならば、そういった行動に出やすい業者から優先して交渉に入るでしょう。

 

家族に内緒にしたまま債務整理を進める際には、弁護士の手腕がものをいう場面もあるのです。